« 本日はレース前日なり | Main | 本日はレース雑言なり »

November 03, 2005

本日は富士チャレンジなり

本日の体重71.0Kg 体脂肪24.5

5時起床 6時45分出発

今日は、富士チャレンジ200の100Kmソロに出場です。

自走でi岡氏と合流、8時前に富士スピードウェイに到着。当日エントリーを済ませました。参加者が予想よりかなり多かったらしく、ゼッケンはマジック手書きでした。出場者は、3,000名を越えたみたいです。


写真はここまで。ピットロードです。レース中の写真を撮ろうと思ったのですが、そんな余裕はありませんでした。

スタートは、かなり後ろだったのですが、混んでいて気を使いました。いきなり、第1コーナーで落車発生です。追い抜かれる時に、ヒヤッとしたことが何度もありました。遅い人が走るという、コース左側を終始走りました。

情けないことに、2周目に左ふくらはぎが攣ったのですが、だましだまし走っているうちに回復、平均時速28キロ程度で周回できましたので、4時間は切れるかもしれないという甘い考えをしてしまいました。

50Kmまでは、順調だったのですが、太ももがピキピキと攣りそうな予感です。できれば、ピットには戻りたくなかったのですが、ピットに戻りサプリメント?と補給食を摂りました。

しばらく走ると、ホームストレートで「がんばれ!」との声に驚いて、誰かと探すとS-Ken氏でした。萎えかけていた気力に気合が入りました。S-ken氏も来年は、応援でなくレースに参加しましょう!

ここから、80Kmまではなんとか凌げました。しかし、それほど苦でなかった上り坂が、苦痛になってきました。最初から比べると、ギアは軽めでやっとのこと上りました。80Kmからは、さらに辛くなりました。両太ももが、今にも攣りそうな感じなのです。

なんとかゴールまで持って欲しいと、祈りながら走ったのですが、祈りは通じず、残り1周手前の上り坂で、両太ももが攣りました。コースアウトして自転車から降りたのですが、両太もも、両ふくらはぎも一斉に攣るという下半身硬直状態です。激痛で座ることもできません。自転車にもたれかかって、痛みが去るのを待ちました。

残り1周前のチップ計測前に、そんなことが3度もありました。ピットに戻りたかったのですが、コースを横切ることもできませんので、仕方なくそのまま最終回に入りました。すると、第2コーナー先で、また痙攣。まさに、生き地獄です。しかし、ここまで来たら、完走するしかありません。最後の気力を振り絞りなんとか完走できました。しかし、こんなに苦労して周回数間違いで失格ということになったら、ガッカリですので、駄目押しでもう1周しました。この時は、足の痛みが少し和らぎ、自転車を降りることなく走ることが出来ました。

タイムは、4時間30分だと思います。少し前に、200Kmのトップがゴールしてました。平均時速45Km? バケモノです。

完走したという達成感はありますが、あの激痛にはまいりました。まさに生き地獄でした。練習不足の成果です。

走行時間 57分 距離 17.7Km 平均スピード 18.2Km 最高スピード 45.0Km 平均心拍数 160 消費カロリー 890Kcal
行き

走行時間 4時間47分(実走行時間 4時間22分) 距離 105.7Km 平均スピード 24.2Km 最高スピード 55.6Km 平均心拍数 158 消費カロリー 3,455Kcal
レース(走行時間と実走行時間の差は、痙攣による悶絶時間です)

走行時間 53分 距離 17.7Km 平均スピード 20.1Km 最高スピード 43.5Km 平均心拍数 139 消費カロリー 572Kcal 月間走行距離 141.1Km
帰り

夜は、コミヤマのオヤジさん、S-Ken氏、manboo氏、i岡氏と慰労会がありました。コミヤマのオヤジさんから、「ちんねんさんは、すぐあきらめちゃうから千切れちゃう。何秒かの粘りが必要」とのアドバイスをいただきました。たしかに、根性ないのです。

次に走る時こは、4時間を切ることを目標にしたいと思います。しかし、間近に見た一流選手の走りは凄かったです。車列を組んで猛スピードで追い抜かれるのですが、信じられない速さでした。すごい数のレーサーが、うじゃうじゃとコーナーを回っていくのも壮観でした。

|

« 本日はレース前日なり | Main | 本日はレース雑言なり »

Comments

富士チャレンジお疲れさまでした。会場が近くにあっていいですね。足の痙攣大変でしたね。ぼくも、昨日、途中、自転車で、足がつりそうになりました。しかし、まだ一度も痙攣したことがありません。きっと運動強度が軽いのでしょうね。昨日は、70km程走って、アベレージ24.2km。主に国道(一桁)を走っていたので、走りやすかったし、信号待ちで休めたし、休まないで走り続けるサーキットに比べて、確かに楽ですね。最近、ぼくも、ちんねんさん同様、あまり朝練していません。暗闇を走るのは危険です。仕事に遅れたらいけないので、明るくなるのが6時頃になった今は、できないのです。しかたがないので、土、日、長い距離を走るようにしています。

Posted by: カタクラシルク号 | November 04, 2005 at 09:10 PM

会場が近くで、本当にラッキーです。

100Kmなんて楽勝となめてかかっていたのですが、大間違いでした。もっと、練習しなければならないのですが、やはり、朝暗いのと寒いので躊躇してしまいます。

足が攣るのは、体質もあるようです。レースだと休憩できないことが原因なのかもしれません。事前にマッサージしたり、薬を塗ったりするのがいいようです。今回は、何もやりませんでしたが、次回は少しやってみようと思います。

Posted by: ちんねん | November 04, 2005 at 11:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/76565/6887592

Listed below are links to weblogs that reference 本日は富士チャレンジなり:

« 本日はレース前日なり | Main | 本日はレース雑言なり »