« 本日は引取りなり | Main | 本日は心配なり »

April 05, 2008

本日は入学なり

本日の体重76.7Kg 体脂肪19.8

娘の大学入学式に出席しました。思えば、子供の入学式に出席するのは、これが初めてです。キャンパス、寮などを見ておきたかったのです。

 

 

寮で使う自転車・椅子を積んで、7時前に家を出たのですが、首都高の渋滞で30分ほど時間をロスし、9時半過ぎにキャンパスに着きました。途中、車のウインカーが点滅しなくなるというハプニングがあって焦りましたが、何とか直ってホッとしました。

キャンパスは、田んぼの真ん中の高台にありました。キャンパス下にあったセブンイレブンは、2月末で閉店してしまったそうです。田んぼの真ん中の学生相手のコンビニは、夏休み、春休みなどで学生が帰省すると、売上げが激減したようです。仕送りをセブン銀行のATMで手数料無料で出金させる計画がパーになってしまいました。最寄の7-11までは3km以上ありそうですから、キャンパス内にある千葉興業銀行のATMで、手数料を払って出金することになりそうです。

寮を見学してから、体育館で行われた入学式に出席しました。医学部、スポーツ健康科学部、医療看護学部の合同の入学式だったのですが、驚いたのは、入学生全員(620名ほど)の名前を読み上げたことです。その後、学長の式辞(少し長かった)があって、式は終了しました。学校関係者以外の来賓は皆無なので、祝辞もありませんし、祝電披露もありませんでした。

式終了後、保護者説明会で、寄付のお願い、寮生活(1年全寮制)、健康管理についての話がありました。第61代の男女寮長の挨拶は、立派でした。寮生活を通して、得るものはたくさんありそうです。健康管理については、医学部があるということで、身体面、精神面ともに細やかなサポートがあるそうです。学生が大学病院にかかる場合は、医療費の自己負担は、ほぼゼロに近いそうです。「学生の一親等も」と言っていたような気がしますので、親の私たちにも恩恵があるということなのでしょうか。でも、病気なんてしない方がいいに決まっていますが・・・

また、先生が8人の学生を担任するという少数担任制にも驚きました。娘ではありませんが、鈴木大地が担任という子もいました。その子たちは、まさか、金メダリストとそんな付き合いをするとは思っていなかったのではないでしょうか? 同級生のだれかは、箱根駅伝を走るでしょうし、いつか、オリンピックに出る子がいるかもしれません。

保護者説明会終了後、場所を東京のホテルに移して、保護者会の総会と懇親会が開催されましたが、時間の都合もあり、欠席しました。

15時前にキャンパスを後にしました。別れ際、娘が寂しそうな顔をしましたが、交通講習、避難訓練などのスケジュールがあり、別れに浸っている暇はないようでした。入寮の時は、自分で行ったので感慨はありませんでしたが。今回は、残してくるという感じがしました。娘のスケジュールがなかったら、お互いに、なかなか別れ難かったかもしれません。

全体を通して思ったことは、「これが大学?」と思えるほどのアットホーム的で、あたたかな雰囲気でした。娘ののんびりした性格にはお似合いで、最良の結果だったと思います。私の場合は、入学式・卒業式ともに、会場が日本武道館で、「来たい奴は来い」といった感じでした。次男も「野球の指導者になりたい」という希望を持っているようです。体育教師を目指すのなら、娘と同じ道を選んで欲しいと思います。なんといっても、寮生活が魅力です。そうすれば、娘のアパートが引き継げて、親が楽できるというのもあります。

帰りも、首都高が渋滞して、18時15分ころに帰宅しました。

|

« 本日は引取りなり | Main | 本日は心配なり »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 本日は引取りなり | Main | 本日は心配なり »